MENU

「一般社団法人 桃山学院大学同窓会」に組織移行!

桃山学院大学同窓会会長 上原 猛

去る、5月19日に開催されました平成30年度(56期)定例幹事会におきまして、提案いたしました各議案が審議されご承認をいただき、正式に「一般社団法人 桃山学院大学同窓会」に名称変更され、登記手続きを経て組織移行が完了いたしました。

引き続き同窓会会長(代表理事)を務めさせていただく上原 猛(70E)です。桃山学院大学同窓会は、1963年4月1日に発足して以来55年を経過し、発足から現在に至るまでその時代時代の同窓会理事、幹事、会員の皆様の努力に支えられ活動が続けられてきました。また会員数も5万5千人を超え大きな組織に発展してまいりました。

本会は、更なる会員の増加、社会的信用、ガバナンス(法律に基づいた運営)の強化が必要とされ、責任ある組織体制を構築することが時代の流れと判断し、同窓会組織の改革に向けて全力で取り組んでまいりました。

「法人化」を進めるにあたり、会員並びに学校法人、大学など桃山学院を構成する各組織の関係者の皆様には、多大なるご支援とご協力を賜り、誠にありがとうございました。略儀ながらこの紙面にて同窓会を代表して感謝の辞を申し上げます。

今期は、新理事も加わり、同窓会の目的である『会員相互の親睦を図る』『大学の発展に寄与する』ことを常に念頭に置きながら会員の皆様と共に法人としての責任を果たしつつ、より活発な活動を実行してまいります。今後とも会員の皆様の絶大なるご支援とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

一般社団法人 桃山学院大学同窓会
会長 (代表理事) 上原 猛